愛知県で働く会社員です。心の琴線にふれるものを紹介していきます。異文化を体験できる海外旅行や美術館も大好き。


by mayu20051001
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

土楼の旅①

a0044664_2328396.jpg


福建省にある永定地区へ、土楼を見に行ってきました。
住居を追われた客家の人々が建てた家です。
このあたりでは円柱の形をした円楼が有名。

丘の上から見た田螺土楼郡。
土楼は、昔、アメリカ軍が航空写真を見て
ミサイル基地と勘違いして見つかったそうです。
なっとく。

土楼は世界遺産に登録申請中ということですが
アクセスが不便です。
アモイからバスで4時間、もしくは
広州から寝台列車で10時間+バスで2時間
乗りついで行きます。

行きは広州東駅から列車、
帰りはアモイから飛行機で帰ってきました。
友人と駅で待ち合わせをしていたのですが
私が到着したのが列車出発の5分前。
ホームに行こうとすると、すでにゲートが閉められていました。
ゲートにいた係りのおばちゃんに
「あと5分で電車出ちゃうから開けて!」とお願いしても
「もう少ししたら開けてあげる」
と言いつつ、動く気配全くなし。

ここで、乗り遅れるわけにはいかない!と
ふたりで、柵を乗り越えてると、
そばにいた中国人に「加油(ジャーヨウ)~!!」と励まされました。
リュックをかついでホームまでダッシュした甲斐あって
ぎりぎりで列車に乗れました。
良かった・・・。
[PR]
# by mayu20051001 | 2006-10-29 23:54 | 中国国内旅行

海!海!

今回の国慶節は
タイのサムイ島・タオ島に行ってきました。

海に行くなんて何年ぶりでしょう。

a0044664_18354423.jpg香港の空港バスから見える風景が好きです。
キャンセル待ちして、ぎりぎりで香港→サムイの
直行便が取れました。
でも、乗ってみると
席はがらがら。なぜ・・・?
バンコクエアウェイズは
3時間のフライトで軽食と夕食がつく大サービス。
タイ人のスチュワーデスがかわいい。


a0044664_1840547.jpg
笑っちゃうくらい小さかった
サムイ国際空港。
でも南国の雰囲気満点!










a0044664_182595.jpgコ・タオは、サムイから
フェリーで2時間。
小さな島です。
今回ダイビングの
ライセンスを取りました!
優雅に見えるダイビングも
けっこうハード。
ライセンスは取ったけど
今後潜る機会あるかな・・





a0044664_18301181.jpg
タイ料理大好き!
甘辛のバランスが
絶妙です。
この旅行でいろんな店で
食べつくしたパッタイ
(タイ風焼きそば)。







a0044664_18324827.jpg
サムイの朝日。
サムイには、なぜか犬が多かった。









旅行は、私にとって、いい意味での現実逃避の手段です。
さぁ、今年も残り3ヶ月。
お仕事がんばろうっと。
[PR]
# by mayu20051001 | 2006-10-14 18:21 | タイ

尊敬

インタビュー系のトーク番組が好きな私。
最近、よく見ているのが
鳳凰電視台の「魯在有約」というTV番組。

アメリカのTV番組で、
ジェームス・リプトンが
アクターズスタジオの卒業生にインタビューする番組があったが、
あれに似た感じ。
苦労した過去を経験した人が多いのだが
あっさり明るく話してくれるので
見ている方も重い気分にならないし、
字幕がついてるので、何を言ってるかわからなくても
漢字を追っていけば、大体の話はわかる。
(中国のテレビはほとんど字幕つき)

ここ2日間は「洋漂在北京」と題して
北京に住む外国人をゲストに対談していた。
昨日は、中国での成功を狙う日本人の男性俳優。
今日は、大学で中国文学を勉強したフランス人の女性。

どちらも、外国人とはわからないくらい中国語がうまい。
話の流暢さ・中国人っぽい表現の使い方にびっくり。
お金がない中、中国に来て、短くはない下積み生活を経て
ようやく今の暮らしを手に入れたという人たち。
わたしと同じように、外国人として中国に暮らし、
苦労している人を目の当たりにすると
仕事が忙しいから、中国語が上達しない~、とか
言い訳してる場合じゃないなぁ・・・と反省。
こういう人たちを見ると、モチベーションが上がります☆
(と思いつつ、しばらくすると忘れてしまうのだが・・・)

そして、ふたりとも中国も中国人も大好き!と話す。
この前向きな心が、生活を楽しくするんだろうなぁ。
いいところを見つけようと心がけることも大事なんだろう、と思いました。

番組の案内はここを右クリック。
[PR]
# by mayu20051001 | 2006-10-12 23:45 | movie・drama

No.1エッグタルト

a0044664_2275235.jpg
マカオでおいしい
エッグタルトに出会う!
たまごたっぷり濃厚で
1個が重いです♪








a0044664_22103974.jpg
お店はこんな感じ。
マカオの南端、コロアン島にあります。
ガイドブックにも載ってます。
コロアン島には、ごはんを食べに行ったようなものでしたが、本島とは違った
のんびりした雰囲気が
最高でした~。


a0044664_22304953.jpg
丘の上の教会。
ここも中国なんだよなぁ・・・と。














a0044664_22145740.jpg
「ヨーロッパの雰囲気が
味わえる」はずのセナド広場なんですが
中秋節のお祝いで、
中国チックに!!
今年の中秋節は、10月6日(農暦8月15日)。
マカオの人も月餅食べてるのかなぁ。
[PR]
# by mayu20051001 | 2006-10-07 22:31 | 香港&マカオ
a0044664_0245190.jpg












ぶどうの産地と言えばトルファン。
カシュガルから寝台列車に乗って行きました。
直前まで、
遺跡の多いクチャか、トルファンか迷ってましたが
ウイグル族の多いところに行きたい、と思いトルファンへ。
トルファンについては、
賛否両論いろいろ聞いたのですが
個人的には、行って良かった。
たくさんの地元民に優しくされすぎて、おなかいっぱいになりました。


a0044664_0343294.jpg
民家をのぞいていたら、
ウイグル男性が
家に招待してくれ
昼ごはんをご馳走してくれました。
ごはんを作ってくれた
お母さんとその子供。





a0044664_0364479.jpg
トルファンの城址遺跡の一つ、高昌故城。
ここは、観光客をロバ車に乗せてくれます。
ただで入り口まで
乗せてくれた優しい少年。
ありがとう!





a0044664_045168.jpg
もう一つの城址遺跡、
交河故城。
手付かずの感じが
すごく良かった!








a0044664_049061.jpg
新彊名物のラグ麺。
打ちたて・もちもちの麺に
トマト・いんげん・たまねぎ
などの具がのってます。
[PR]
# by mayu20051001 | 2006-09-17 00:59 | 中国国内旅行
a0044664_23584521.jpg
手前がカラクリ湖。
向こうに見えるのは
万年雪の山。










今回の新彊旅行でやりたいことの一つが
カラクリ湖を見に行くことでした。
カシュガルからパキスタンへ行く途中にある
標高3700m地点の湖。
カシュガルからは車で片道5時間かかるので
同伴者を探していましたが、なかなか見つからず
あきらめて別の場所に行こうと思っていたとき。

たまたま、街を歩いていて見かけた日本人の方に声をかけて
話をしているうちに
「私たち、明日カラクリ湖に行くから一緒に行きましょう」
と、便乗させていただけることになりました!
本当にラッキー。

一緒に行ったのは、トルファンで日本語教師をしている松浦さんと
そのいとこで、日本から遊びに来ていたスミ子さん。
3週間かけて車で新彊を旅していらっしゃるそうでした。
そして、彼らのドライバーのムラットさん。
彼の運転するサンタナ(走行距離、すでに42万キロ!)に乗って
カラクリ湖へ行ってきました。

a0044664_014429.jpg
途中の道にて。
いろいろな色の岩山が続きます。










a0044664_025681.jpg
白い砂の山らしいです。












a0044664_034823.jpg
カラクリ湖に定住する
キルギスのゲル。











a0044664_042026.jpg
キルギスのゲルは
赤が基調らしく
中も鮮やかでした。










標高が高いだけあって、あまりにも寒かったので
ゲルでごはんを食べて、馬に乗って
すぐに帰ってきましたが
カシュガルへ帰る途中で見た夕焼けは、
今まで見た中で、一番赤くて綺麗な太陽でした。
写真には撮れなかったけど、あの鮮やかな色は忘れません。
[PR]
# by mayu20051001 | 2006-09-17 00:04 | 中国国内旅行

猫眼三姐妹

さっきTVをつけたら、やってました。

猫眼三姐妹←キャッツアイ です。

なつかしい~、と思ってしばしの間、鑑賞。
子供の頃、けっこう好きでした、このアニメ。

中国のTVは、海外のドラマやアニメを放映するとき
ほとんど吹き替えになってしまうのですが
声優の声がほとんど同じで
誰がしゃべってるのか全然わかりません。

猫眼三姐妹もしかり。
3人姉妹の声がどれも一緒でした。
みんな同じ(に聞こえる)ので
中国人にとって、理想の声見本があるのでは?
と疑問に思うのですが、どうなんでしょうね??
[PR]
# by mayu20051001 | 2006-09-13 23:09 | movie・drama
カシュガルの街並み。
見るものが新鮮で、一日中歩きまわってても
ぜんぜん飽きない!


a0044664_21415757.jpg
女性たちは、
色とりどりのスカーフを
かぶってました。
綺麗だった~。
私もついついバザールで
買ってしまいましたが
使う機会あるかな・・・。





a0044664_21434483.jpg
道々に公共浴場が
ありました。
看板がシュール。









a0044664_21444293.jpg
道端で売ってる
なまのいちじく。
初めて食べましたが
美味しくておやつ代わりに
毎日買ってました。
値段は、2個で3元、とか
2個1元、とか
売る人によっていろいろ。




a0044664_21472497.jpg
カフェにて隠し撮り。
まわりはこんな感じの
おじさまばかりでした。
ホウロウのポットは
お茶が冷めにくいので
長居にぴったり。
[PR]
# by mayu20051001 | 2006-09-10 21:59 | 中国国内旅行
1週間の夏休みが取れたので
新彊ウイグル自治区に行ってきました。

久しぶりの一人旅で、しかも未知の新彊。
出発前の1週間は、心配で寝れなくなってました。。。

ウイグル自治区の中のカシュガルという西の都市に行きたかったので
そこまでは、飛行機でひとっ飛び。

街を歩いている人の顔が違う!イスラム系の顔。
今までの中国とは、全然違う雰囲気で
外国に来てるな~っていう感じがしました。



a0044664_957986.jpg
バザールの布屋さん。
カシュガルの女性たちは、衣装がカラフルで見てて楽しい。









a0044664_10154176.jpg
ウイグルの男性は、この帽子をかぶっています。
おりたたみもできて便利。









a0044664_1021270.jpgカシュガルにはまだ昔の街並みが残っています。
こんな細い路地が
迷路のように続いていて
1時間ほど出られなくなったことも。。。
彼らから見て、
私は明らかに
「ガイコクジン」なので
じろじろ見られて緊張。
こんな感覚久しぶり。


a0044664_10291688.jpg
カシュガル老城の特徴は
高台民居。
ガイドに連れられて
見学しました。(30元)
これは陶器職人たち。
昔ながらの伝統を
守る人が少なくなって
いるそうです。





カシュガルは、小さい街だったので
一日中歩き回ってました。
場所によって、漢民族が多いところとウイグル族が多いところが
はっきり分かれていて
ウイグル族地帯は、別世界。
普通語もあまり通じません。
[PR]
# by mayu20051001 | 2006-09-09 10:56 | 中国国内旅行

中国の中の異世界

から帰ってきました!

たった1週間の旅でしたが、素敵なところでした。

たくさんの出会いがあり、
たくさんの人に親切にしてもらい、
たくさんの幸せな気分を味わえた旅。

続きは追って書きます♪

a0044664_1482483.jpg













a0044664_1484359.jpg
[PR]
# by mayu20051001 | 2006-09-04 01:54 | 中国国内旅行