愛知県で働く会社員です。心の琴線にふれるものを紹介していきます。異文化を体験できる海外旅行や美術館も大好き。


by mayu20051001
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

わくわく

中国にもGWがあります。

来週1週間はメーデーの祝日でお休みです。
この休みも中国脱出をはかることにしました。
中国から近くて遠い国に行ってきます。

いまだに最低気温は氷点下ということで、旅行の準備。
寝袋、ダウンジャケット、アウトドア靴。

a0044664_23554834.jpg









20代も後半の女子だし、
バックパッカーーもそろそろ終わりにしないとなぁと思いつつ・・・
まだ当分続けます♪
[PR]
by mayu20051001 | 2006-04-27 00:07 | 生活

ふぉあぐら

先日、日本ではめったに食べない高級料理を食べに行きました。

ガチョウの肥大した肝臓、のステーキ、です。
(と書くと、全然おいしそうに見えない)

栄養ありそうな、こってりした味をしてましたが
日本では、5000円くらいするものが、ココでは一皿100元なのね~、
とびっくりしつつ、美味しくいただきました。

次の日、一緒に食べた女友達から
「お腹が痛い・・・病院行ってくる・・・」との電話。
当たったのかな?と心配していたら
その日の夜から、私も具合が悪くなり、
これはやばいかも・・・と熱を計ってみたら、体温が39℃近く!

こんなに熱くなったのは、こどものとき以来です。

高級料理を食べなれた関西のおぼっちゃま2人は、何事もなかった模様。
日本から持ってきたノーシンのおかげで熱は下がりましたが、
庶民には普通の食事が一番いいのね~、とつくづく思いました。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-04-23 00:08 | 広州の食

いまさら韓国ドラマ

バナー
中国で放送しているTV番組、「星空」で
現在、月ー金21時から放映している韓国ドラマ「天国の階段」。

日本でも、3年位前に民放で放送していたので
見たことのある人も多いと思います。

冬ソナにはまる母親の姿を横目でしらっと見ていた私は
あまり韓国ドラマには興味がなかったのですが
たまたま初回の放送を見たところ
これが意外とおもしろい!

韓国ドラマ定番のストーリー
・記憶喪失
・主人公をいじめる女
・四角関係
・主人公のことを好きな二人の男
・二人の男性の間で揺れる主人公
というエピソードが盛り込んであって、
初回の1時間でこの全てを惜しみなく表したところに
韓国ドラマのすごさを感じました。

あかぬける前の化粧の厚いチェ・ジウと
今は韓国四天王を追い越す勢いで人気のあるらしいクォン・サンが主演。

初回のあらすじはこんな感じ。

主人公(チェ・ジウ)には、留学中の将来を約束した幼ななじみ(クォン・サン)がいる。
父親が再婚し、、継母と義妹は主人公に辛くあたるが
連れ子の息子は主人公に好意を持つ。
ある日、義妹が飲酒運転中にチェ・ジウを車でひいてしまい、
自分の犯罪を隠す為に、他人の死体にチェ・ジウの財布を入れ、
彼女を死んだことにしてしまう。
チェ・ジウは病院の医師の世話にならず、一命を取り留めたものの
記憶喪失になり、チェ・ジウのことを好きだった義兄と一緒に暮らす。
そして5年間が経ち、チェ・ジウのことが忘れられないクォン・サンが
偶然チェ・ジウの姿を見かけて・・・。

それはありえないでしょう~!と何度もドラマにつっこみつつも
話の展開の早さにグイグイ引き込まれました・・・。

今日久しぶりにこのドラマを見たら、最終回に近づきつつある展開。
どんな不幸が続くのか、結末が気になります。

私の韓国ドラマのおすすめは、「イヴのすべて」。 
チャンドンゴン主演のTV局を題材にした恋愛青春モノですが、
それほどドロドロしてなくてさわやかな話です。
都合が悪くなったら記憶喪失にしていいっていうのは違和感ありますが。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-04-21 00:32 | movie・drama

あやうく交通事故

広州市内で車に乗っていたときのこと。

助手席に座ってぼんやり外を見ていたら
小道から大通りに出る右折のときに、
ぼこっという嫌な音がして、車が揺れました。

何!?と思ったら、なんと私が乗っている車が
自転車に乗った中学生にぶつかって、
その子が自転車ごとよろける姿が目の端に見えました。
ショックで私は動けなかったのですが
となりにいた運転手が広東語で何か叫んでブチ切れ、
即効車を降りていき、中学生のところへ駆け寄り
文句を言っているようでした。
その子には怪我はなかったみたいですが、自転車は曲がってました。

車に戻ってきた運転手が
「あのガキがスピードを出してるから悪い」というようなことを
ぶつぶつ言ってることが許せなくて、
「曲がり角で減速しないでつっこむアンタが悪い!!」
「あの子が大怪我してたらどう責任取るの!!」
とか言いたかったのですが
私の中国語でなんとか言えたのが
「曲がり角では左右を見るべきでしょう!」
でした。悔しい。

少しタイミングが狂ってれば、
あの子はひどいことになっていたかもしれない。
それなのに、自分は全く悪くないと言い張れる神経が
信じられませんでした。

その車に乗る前、私は忘れ物を取りに戻っていました。
なくてもそんなに困るものではなかったのですが
まだ時間に間に合うから、と思って取りに帰ってから車に乗ったのです。
その直後の出来事だったので、
私が忘れ物をしなければ、気づいても取りに帰らなければ
この事故は起きなかったんだ、と思い
ささいな選択で人の運命が変わることがあることを
気づかされた出来事でした。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-04-15 23:59 | 生活

休日の飲茶

先日、友達と飲茶をしてきました。

a0044664_19284087.jpga0044664_19294990.jpg









ふたりで行ったので、あまり種類多くは頼めませんでしたが、
チャーシューマン(広州ではポピュラー)、春巻、
蟹シュウマイ、ココナッツプリン。
どれも美味しかったです♪

広州での中華料理は、中国の他の地方に比べて
格段に美味しいのですが、
特に休みの日の飲茶は至福の時間♪

メニューの漢字が難しくて、いつも同じものばかり頼んでしまいます。
次回は違うものにチャレンジしたいです。
中国人曰く、
広州人は食べることが一番大事。
上海人は自分を着飾ることが一番大事。
これが、そのまま商業に結びついているんですね。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-04-15 23:21 | 広州の食

マンゴーの季節

ちょっと前から、果物屋にマンゴーが並ぶようになりました。

日本にいたときは、マンゴープリンか杏仁豆腐か、と聞かれれば
断然、杏仁豆腐派だったのですが
広州に来てから食べたマンゴープリンがあまりにおいしくて
本当に驚きました。

というわけで、毎週買ってしまうマンゴー。
a0044664_1952398.jpg









台湾からの輸入物らしいですが、
500gで7元(=100円くらい)。安いです。
これは手のひらに収まるくらい小さいものなので
皮をむいてそのまま食べています。
大きさはいろいろありますが、小さいほうが甘い気がして
いつも小ぶりなものを買ってしまいます。
果物の種類を見ていると、広州は南国だなぁ!という実感が強くなります。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-04-09 20:03 | 広州の食

広州観光

会社のとなりの席の子が
「休みの日に広州で遊びましょう!」と誘ってくれました。

メンバーは、
シャオリー、その彼女シャオフォン、
ふたりの大学時代の友達ヤンイーピン、私の4人。
シャオリーが車で迎えに来てくれたので
中国で車でお迎えしてもらえるなんて!
とそれだけでちょっと感動してしまいました。

まず、広州駅の南方にある流花湖公園へ行き、
唐苑酒家で飲茶をしてから公園の中を散歩。
広州で一番大きい湖というだけあって、
散歩するだけで1時間半近くかかりました。

次は、越秀公園に行き、広州博物館・五羊仙庭を見学。
ここには、広州を代表する五羊石像という、
五頭の羊がからみあった大きな象があります。
広州に来たばかりの頃、散歩に来たことがあったので
私は1年ぶりでしたが、
ヤンイーピンは6年も広州に住んでて初めて来た!とのこと。
他の広州人のふたりも、五羊石像は初めて見た、と。
広州って、本当に観光名所がないんだろうなぁ・・・と改めて実感しました。

そして、夕飯を食べに上下九路へ移動。
ここも、北京路と並んで広州の商業街を代表する歩行者天国です。
ふたりが美味しいというので、
「腊肠」というソーセージのようなものを買ってみました。
会社の食堂で、野菜と一緒に炒めたものが出てきますが、
匂いにくせがあって、一口食べただけでかなりキツイ後味です。
「ここの店のものは美味しいから!ごはんと一緒に炊くだけでいいよ!」
と言われたので、一度試してみます。

しめくくりは、珠江遊覧。
この珠江、中国で長江、黄河の次に長い河だそうです。
1時間半弱の間、珠光を遊覧して夜景を楽しむのですが
他の人から聞いてた前評判に比べて、私はかなり満足!
上海の外滩(租界)のような雰囲気の
古い建物が並んだ地区があり、日本にはない風景でした。
広州市政府が力を入れているというだけあって
イルミネーションはかなりあでやかだし、今の気候もちょうど良く
天井のない最上階に椅子を持ち込んで
夜風を感じながらのナイトクルーズはなかなかのものでした。
今日カメラを持っていなかったのが悔やまれます!

かなり内容が充実していた広州の観光地めぐり。
広州のポイントはほとんど押さえていた今日のコース。
誘ってくれた友達に大感謝です。
中国の女の子の中には、初対面でも
腕を組んだり、手をつないできたりする子も多いのですが
ヤンイーピンもそうだったので、時々どきっとしながらのお散歩でした。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-04-09 01:53 | 生活

季節感

気づいたら4月になってました。
日本だと、桜が季節の変わり目を示してくれるのですが
ここ広州には、そういうものがない!

桜を見ると、別れや出会いを思い出して
切ない気分になりますよね。
ということで、背景も春らしく変えてみました☆

今の広州だと、木綿花が旬なのでしょうか?
オレンジの大ぶりの花をつけた背の高い樹がそこらじゅうに
植えてあります。
本当に花が大きくて、ジャングルの花みたいです。

でもこのオレンジ色の花を見てると、秋の始まりって気分に
なってくるんですよねぇ。。。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-04-06 00:25 | 生活

ひそかにライバル

私の週末の定番の一つがテニスです。
中国ではやらないだろうなぁ・・・と思いつつ
念のため持ってきたラケットが大活躍。
中国でもテニス人口は意外といました。
広東人のおじさん(お兄さん?)に混じって、
2時間みっちり運動しています。

が、最近あるおじさんにライバル視されていることに気づきました。

彼の名前は陳さん。
このテニス仲間のリーダーで
飲み物を買ってくれたり、コートやボールを準備してくれたり、と
いろいろ世話を焼いてくれる坊主頭・眼鏡の1児の父です。
(でも高校生に見えないこともない)

このメンバー、みんな試合好きなので、2,30分ラリーをした後、すぐに試合。
陳さんは毎回私に試合やろう!と誘ってくれるのですが、
私とペアを組もうとせず、毎回対戦相手ばっかり。

初めて参加させてもらったときも
いきなり試合を申し込まれて1球目からストレートを抜いてきた記憶が・・・。
あの時は、いきなりストレート抜くの!?と、かなりむっとしました。
最初は、日本人女性が嫌いなのかな?と思ったけど
話していると全くそうではなく、今でもよく話しかけてくれます。

陳さんは練習では上手いんですが、
試合では、勝手に打ち込んできて自らミスするタイプ。
ふと考えたら、私は陳さんには半年近く負けてないはず♪
この日も2連勝でした♪
もしかして、彼もそれを覚えているから毎週試合に誘ってくるのかも。
このままずっと負けずにいきたいです。
(こんなこと書くと来週負けそう・・・)
[PR]
by mayu20051001 | 2006-04-02 21:35 | 生活