愛知県で働く会社員です。心の琴線にふれるものを紹介していきます。異文化を体験できる海外旅行や美術館も大好き。


by mayu20051001
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

各地のオトモダチ

先週、上海に出張に行ったときの話。

一緒に行った日本人課長が日帰りで帰ってしまったため、
その日の夜は、私と中国人スタッフ3人で一緒にご飯を食べることにしました。

中国人スタッフの希望により、
上海の目抜き通り、南京路の近くのホテルを取った私たち。
ホテルに荷物を置いて、さっそく南京路へ散歩に出かけました。
4人の女子でご飯を食べるのかな、と思いきや
一人が上海に住んでいる彼氏を呼び寄せ
もう一人が大学時代の研修の先生だった人を呼び、
6人でご飯を食べることに。

私のイメージでは、中国人は
中国のどこに行ってもそれぞれの土地に「トモダチ」がいて
何かしら一緒にご飯を食べたりしています。
日本だと、初対面の相手がいると、なんとなく気を使ってしまって
ぎこちなくなってしまうような気がするんですが
普通に話が進みました。

トモダチをつれてきた子がその他のメンバーの自己紹介をするのですが
私の紹介をするときに
「日本人の○○小姐」 と言うと
決まって、「えっ!?」という顔をされます。
見た目じゃ全くわからないみたいです。

ゲストの男性が開口一番、
「僕はこの子の彼氏じゃありません」
と言ったことにかなりウケました。
日本だと、いくら違ってても女の子に気を使って
なかなか言えるセリフじゃないと思います。
中国人の気質の中の、こういうストレートさが好きです。
下手な気を使わなくていいから、本当にラク!

会社のスタッフを見ていてよく感じますが
中国人のほうが初対面の相手でも親しくなるのが早いような気がします。
親しくなるのには、時間がかかるかもしれませんが。
人見知りする私としては、うらやましい限りです。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-03-30 01:01 | 工作(お仕事)

お幸せに!

週末、日本に一時帰国してきました。

強引に休みをとった
金曜出発、月曜帰国という短い日本滞在でしたが
日本に着いたとたん、「空気が澄んでいる・・・!」ことに感動。
桜が咲いてなかったことだけが残念でしたが
天気にも恵まれ、ずっと晴れてたし、気持ち良かったです。

今回の日本行きの目的は友達の結婚式への参加。
会社の同期で一番仲の良かった子で
彼女も私も会社の寮に住んでいたので
しょっちゅうお互いの部屋に行ってまったりしたり
ご飯作って一緒に食べたり、仕事で辛いときには話を聞いてもらったり
入社以来、本当にお世話になった子でした。
土曜の夜に毛布をかぶりながらシャイニング見たり、
日曜の夕方、夕日を浴びながら昼寝したり
思い出がいっぱいです。
(20代の女の休日の過ごし方じゃない・・・)

感情豊かな子で、私の性格とは反対のところも多かったけど
一緒にいると感性を刺激されることが多くて
彼女の独特の視点で、本や映画など、世界を広げてもらいました。

結婚式・披露宴も愛情あふれるとっても良いもので
幸せそうな二人を見て、私もすごくうれしかったです。
結婚式に出るたびに、結婚っていいものだなぁ~と思ってしまいます。

a0044664_23395195.jpg
結婚式でチェロを弾くのが夢だった!という新婦が
お手前を披露。
素敵でした☆
私もいまから一芸磨こうかな・・・。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-03-28 23:44 | 生活

ついてない・・・4時間

上海出張からの帰り。
訪問した会社が嘉兴という経済開発区にあったため
杭州の空港から広州へ戻ることにしました。

空港に着いたのが、チェックイン締め切りの20分前。
よし、いい時間!と思ったそのとき、
私たちの乗る便に「DELAY」の文字が・・・。

「広州の天候が悪く、広州に入る飛行機を制限しています」
という冷たい案内が搭乗口に掲示されて
2時間たっても、遅延時間がわからぬままでした。

18時半になると食事の供給もありましたが
今まで食べた中のワースト5に入るくらい
まずいお弁当でした。。。
一緒にいた同じ会社の中国人も一口食べて弁当のふたを閉めてました。

そして4時間遅れての離陸のアナウンスが流れ
なんとか当日中に帰ってくることはできましたが
その日の予定は大崩れ。
日本帰国に向けて、ネイルサロンにも行きたかったのに!

運の悪いことに、東方航空を選んでいたので
広州到着の優先順位も低くて、
他の航空会社より遅延時間が長かったです。
広州に行くときは、地場の南方航空の便が無難かもしれません。

意外だったのは、怒り出す客が誰一人としていなかったこと。
けんか早いと思っていた中国人が、
みんなおとなしく出発の時間を待っていました。
日本で同じようなことがおこったら
従業員にかみつく人がいるような気がします。
意外と物分りがよいのかも、と思った出来事でした。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-03-23 23:45 | 生活

空の旅

ここのところ、飛行機での移動が続いています。
先月は天津、先週は西安、明日からは上海、
そして週末は日本へ行ってきます。

大学に入って旅行するようになる前は
飛行機に乗る機会はほとんどなくて
子供の頃から飛行機って特別なモノだと思っていたし、
着陸のときは落ちるんじゃないかと毎回ヒヤヒヤしていたものでした。
(これは今でも)

しかし広州に来てから、飛行機を使う頻度がどんどん増えて
なんとも感じなくなってきました。

慣れは感覚を鈍らせてしまうこわいものですね。

そして、以前は美味しくない!と思っていたはずの南方航空の機内食を
普通に食べるようになってしまった自分が恐いです。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-03-21 23:48 | 生活

3月13日

広州に来て、今日で1年がたちました。

白雲空港から広州の中心地に向かう道中、
広州駅の前の人の群がりを見てびっくりしたことや
いやにピンクの建物が多いなぁと思ったことが
つい最近のことに思えます。

就職して以来、更新されていなかった友達の輪が
広州に来て久しぶりに広がって、
仕事・プライベートとも、いろいろな人に出会えて
刺激を受けつつ、楽しく生活をすることができました。

環境が変わって、最初は少し辛いこともありましたが
新しい世界が広がったような気がします。

というわけで、広州での生活も2年目に突入ですが
日々の時間を大切に、一期一会を大切に
楽しく過ごしていきたいと思います。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-03-13 23:07 | 生活

3月13日

広州に来て、今日で1年がたちました。

白雲空港から広州の中心地に向かう道中、
広州駅の前の人の群がりを見てびっくりしたことや
いやにピンクの建物が多いなぁと思ったことが
つい最近のことに思えます。

就職して以来、更新されていなかった友達の輪が
広州に来て久しぶりに広がって、
仕事・プライベートとも、いろいろな人に出会えて
刺激を受けつつ、楽しく生活をすることができました。

環境が変わって、最初は少し辛いこともありましたが
新しい世界が広がったような気がします。

というわけで、広州での生活も2年目に突入ですが
日々の時間を大切に、一期一会を大切に
楽しく過ごしていきたいと思います。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-03-13 22:56 | 生活

語学学習の必需品?

中国に来てもうすぐ1年になります。
1年いる割には、中国語が話せるようにならないので
モチベーションをあげようと 
次回のHSKを受けることにしました。

HSKとは、<Hanyu Shuiping Kaoshi>(汉语水平考试)の略。
中国語の認定試験です。
世界的に行われている試験で、成績によって級を取得することができます。

勉強しなきゃ~、と思いつつテキストだけ買ったものの
やはり開かないまま3ヶ月・・・。
このままじゃいけない、と会社のスタッフに
「来月、中国語の試験受けるんだ~」と話したところ、
会社で一番仲の良い通訳の子が
「試験の前にたくさん勉強しておいたほうがいいですよ!」
とヒアリングのテキストとテープを買ってきてくれました。

テープを聞く機械を持っていなかったので、近くのスーパーへ。
10種類以上あったけど、違いがわからないので
とりあえず、安いものをセレクト。
LIXINという聞いたことのないメーカーのもので78元でした。
a0044664_16425953.jpg

買ったその場で、店員さんが壊れてないかひとつずつチェックしてくれました。
すると早速イヤホンの音が聞こえず、即交換。
物を買ったらその場でチェックが必要な中国での買い物。。。

ちょっと大きいので持ち運びには不便ですが、
イヤホンなしでも聞くこともできるし、スピーカーもリモコンもついているし
再生速度も変えられるし、機能はなかなか良いです。

a0044664_16512037.jpg
これは、テープレコーダーの箱の印刷です。
女の子の説明文には
「韓国明星(スター)」と書いてありましたが
どう見ても松浦亜矢!

写真だとぼけていてわかりにくいので
機会があれば、
電気屋でぜひ見てほしいです。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-03-11 17:04 | 生活

ペー族

a0044664_16113519.jpg

雲南省の大理に行ったときに
たくさん見かけたのが少数民族のペー族。

人口約160万人のうち80%が大理に居住しているようです。

喜州という古い街並みが残るところへ行ったとき、
タクシーのおじちゃんが、ペー族の芸術館みたいなところへ
連れて行ってくれ、見学しました。

 「入場料が50元します。
  高いと思うかもしれませんが
  ペー族の伝統の三道茶と民族舞踊が見られます。
  ハオマ?(=いいですか?)」
入り口に立っていた、ペー族の女の子が
わざわざこう聞いてくれました。

この子がとってもかわいくて、
この芸術館に展示してあった
大理の名産藍の絞り染めの説明や、
ペー族の新婚家庭の部屋の様子を
筆談も交えながら一生懸命説明してくれました。

中国語って、こんなにかわいいんだ!と思ったのは久しぶり。
都市の人々は、みなしゃべるのは早いし、すぐどなるし、
中国語が世界で一番綺麗な言葉って言ったのは誰!?
(濁音がないかららしいです)と思うことが多いです。
彼女の言葉も訛ってはいましたが、久しぶりに心地良い響きでした。

ペー族の少女がかぶっている帽子にもちゃんと意味があって
彼らが大事にしている 雪 風 花 月を表しているのです。
・帽子の上の白い部分が雪
・白いヒモが風
・帽子の赤い部分が花
・帽子全体が月

帽子ひとつに、こんなに意味がこめられているなんて
おもしろいです。

そして、ペー族の民族舞踊を見ました。
衣装が綺麗!
a0044664_16341022.jpg


ここのトイレが横向きニーハオトイレで、
学生のときに北京で見たとき以来、
10年ぶりくらいの対面だったので、しばしショックを受けました。。。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-03-05 16:43 | 中国国内旅行

ラオス旅行後半

ルアンプラバーンでのんびりした後、
ラオスの首都、ビエンチャンに戻ります。

行きの9時間バス移動がかなりしんどかったので
帰りはリッチに飛行機を使いました♪

a0044664_23551441.jpg

小型のジェットがかわいい。4列でした。

ビエンチャンの空港からは、タクシーで街へ移動。
節約しようと思いトゥクトゥクに乗ろうとしたら、
タクシーのおじちゃんに声をかけられ
フランス人カップルと相乗りでタクシーに安く乗れました。

a0044664_23573366.jpg


日本で走っていたのはのいつの時代でしょう?
30年くらい前?ってかんじのレトロなタクシーに乗って
中心地へ向かいます。
この運転手さんが、めちゃくちゃいい人で
行きたかったゲストハウスが満室だったので
自分のおすすめのところへ3軒もまわってくれました。
しかも、最後にお金も請求せずに!
ちょっと感動。

そして夜、ラオス料理を食べた後くらいから
異様に気持ちが悪くなり、そのまま横になったが最後。
次の日も体調が戻らず、最終日だったのに、ほぼ一日寝ていました・・・。

a0044664_053442.jpg


昼まで寝ていたら、元気になったような気がして
出かけたPha That Luang。
立ち上がったら、やっぱり気分が悪くて
写真を1枚だけとって、日陰に座って休んでました。
なのでほとんど印象がない。。。
韓国人の団体観光客がいろんなポーズで写真とってたなぁ。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-03-04 00:10 | ラオス
中国の春節休みに行ったラオス。

ラオスの古都、ルアンプラバーンは
たくさんの寺と穏やかな気候・そして街全体が世界遺産になっていることから
西洋人の観光客で人気の場所。

ここには3日間滞在しましたが
私が一番好きだったのが、メコン川沿いの道。

a0044664_23395322.jpg


a0044664_23451751.jpg


a0044664_23454991.jpg


全て、メコン川。
日中はあまりにも暑くて、フルーツシェイクを飲みすぎていたせいで
(3つめの写真)
次の日恐ろしいことに・・・。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-03-03 23:49 | ラオス