愛知県で働く会社員です。心の琴線にふれるものを紹介していきます。異文化を体験できる海外旅行や美術館も大好き。


by mayu20051001
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:movie・drama( 10 )

やっぱり韓流

a0044664_0333115.jpg












ひさしぶりに、はまるドラマにめぐりあいました。
友達が貸してくれた韓国のドラマ
「私の名前はキムサムスン」

主人公が30歳のクリスマスに彼氏に振られ、
仕事もなくしてしまうところから始まり
毎日のドタバタを描く話です。
仕事にも人間関係も、全てに対してまっすぐに向かっていくところや
思ったことを相手に対してはっきり言えるところ、
話の引き出しをたくさん持ってるところなど含めて
綺麗なタイプのヒロインじゃないけど、
こういう人、大好き。
よくある韓国のドラマみたいに
美人女ライバルの陰湿なイジメなどもなくて
すっきり見られるのでおすすめ!

日本ではDVDで発売されたみたいですが
広州ではまだ見つけてません。
韓国ドラマの日本語字幕を扱っているところを
ご存知の方がいれば教えてください~。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-11-20 00:48 | movie・drama

尊敬

インタビュー系のトーク番組が好きな私。
最近、よく見ているのが
鳳凰電視台の「魯在有約」というTV番組。

アメリカのTV番組で、
ジェームス・リプトンが
アクターズスタジオの卒業生にインタビューする番組があったが、
あれに似た感じ。
苦労した過去を経験した人が多いのだが
あっさり明るく話してくれるので
見ている方も重い気分にならないし、
字幕がついてるので、何を言ってるかわからなくても
漢字を追っていけば、大体の話はわかる。
(中国のテレビはほとんど字幕つき)

ここ2日間は「洋漂在北京」と題して
北京に住む外国人をゲストに対談していた。
昨日は、中国での成功を狙う日本人の男性俳優。
今日は、大学で中国文学を勉強したフランス人の女性。

どちらも、外国人とはわからないくらい中国語がうまい。
話の流暢さ・中国人っぽい表現の使い方にびっくり。
お金がない中、中国に来て、短くはない下積み生活を経て
ようやく今の暮らしを手に入れたという人たち。
わたしと同じように、外国人として中国に暮らし、
苦労している人を目の当たりにすると
仕事が忙しいから、中国語が上達しない~、とか
言い訳してる場合じゃないなぁ・・・と反省。
こういう人たちを見ると、モチベーションが上がります☆
(と思いつつ、しばらくすると忘れてしまうのだが・・・)

そして、ふたりとも中国も中国人も大好き!と話す。
この前向きな心が、生活を楽しくするんだろうなぁ。
いいところを見つけようと心がけることも大事なんだろう、と思いました。

番組の案内はここを右クリック。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-10-12 23:45 | movie・drama

猫眼三姐妹

さっきTVをつけたら、やってました。

猫眼三姐妹←キャッツアイ です。

なつかしい~、と思ってしばしの間、鑑賞。
子供の頃、けっこう好きでした、このアニメ。

中国のTVは、海外のドラマやアニメを放映するとき
ほとんど吹き替えになってしまうのですが
声優の声がほとんど同じで
誰がしゃべってるのか全然わかりません。

猫眼三姐妹もしかり。
3人姉妹の声がどれも一緒でした。
みんな同じ(に聞こえる)ので
中国人にとって、理想の声見本があるのでは?
と疑問に思うのですが、どうなんでしょうね??
[PR]
by mayu20051001 | 2006-09-13 23:09 | movie・drama

映画と小説

知り合いにもらったDVD。
江國香織原作 「東京タワー」

a0044664_1854177.jpg

 予告編を見て見たいなぁと
 思っていた映画だったが・・・。
 いまひとつ。
 私にこのDVDをくれた2児のおとうさんは
 これを見てショックを受けた、とコメントしていた。



原作を読んだことはなかったけど
江國香織の他の作品を読んで私が描いていたイメージと
映画の雰囲気は違っていて、別物のように感じてしまった。

映画と原作のイメージが同じだという人もいるはずなので
たまたま合わなかったのだと思う。

最近見た「姑獲鳥の夏」も、
キャストは好きな俳優ばかりだったのに
本を読んだときに感じた背筋が凍るような衝撃は
映画では得られなかった。

読書の良さは、文章を読んで情景を思い浮かべたり
その本の雰囲気に入り込めることだと思う。
同じ文章を読んでも
人によって思い浮かべるイメージは違うので
出来上がった映像作品のイメージが違うのも当然。
だから、好きな作品ほど、映画化、ドラマ化されたときの
もとのイメージとのギャップが大きくてショックを受けることが
多いような気がする。

今日、早くも「ダヴィンチ・コード」のDVDを発見。
この時期に売ってるのは映画館での撮影版だろうなぁ、と
思って買わなかったが、近いうちにこれも見てみたい。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-05-28 18:42 | movie・drama

いまさら韓国ドラマ

バナー
中国で放送しているTV番組、「星空」で
現在、月ー金21時から放映している韓国ドラマ「天国の階段」。

日本でも、3年位前に民放で放送していたので
見たことのある人も多いと思います。

冬ソナにはまる母親の姿を横目でしらっと見ていた私は
あまり韓国ドラマには興味がなかったのですが
たまたま初回の放送を見たところ
これが意外とおもしろい!

韓国ドラマ定番のストーリー
・記憶喪失
・主人公をいじめる女
・四角関係
・主人公のことを好きな二人の男
・二人の男性の間で揺れる主人公
というエピソードが盛り込んであって、
初回の1時間でこの全てを惜しみなく表したところに
韓国ドラマのすごさを感じました。

あかぬける前の化粧の厚いチェ・ジウと
今は韓国四天王を追い越す勢いで人気のあるらしいクォン・サンが主演。

初回のあらすじはこんな感じ。

主人公(チェ・ジウ)には、留学中の将来を約束した幼ななじみ(クォン・サン)がいる。
父親が再婚し、、継母と義妹は主人公に辛くあたるが
連れ子の息子は主人公に好意を持つ。
ある日、義妹が飲酒運転中にチェ・ジウを車でひいてしまい、
自分の犯罪を隠す為に、他人の死体にチェ・ジウの財布を入れ、
彼女を死んだことにしてしまう。
チェ・ジウは病院の医師の世話にならず、一命を取り留めたものの
記憶喪失になり、チェ・ジウのことを好きだった義兄と一緒に暮らす。
そして5年間が経ち、チェ・ジウのことが忘れられないクォン・サンが
偶然チェ・ジウの姿を見かけて・・・。

それはありえないでしょう~!と何度もドラマにつっこみつつも
話の展開の早さにグイグイ引き込まれました・・・。

今日久しぶりにこのドラマを見たら、最終回に近づきつつある展開。
どんな不幸が続くのか、結末が気になります。

私の韓国ドラマのおすすめは、「イヴのすべて」。 
チャンドンゴン主演のTV局を題材にした恋愛青春モノですが、
それほどドロドロしてなくてさわやかな話です。
都合が悪くなったら記憶喪失にしていいっていうのは違和感ありますが。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-04-21 00:32 | movie・drama

長い1週間が終わり

きのうまでの6日出勤が終わり、ほっと一息。
中国では、長期休みの前後が6日間勤務になることが多いのですが、
休み明けの1週間って、まだ社会復帰できていない状態なので
6日出勤がかなり辛く感じられます。

さて、年明けから、今年の目標のひとつに
週に1本映画を見よう!と決めました。

知り合いに「岩井俊二作品集」なるDVDをもらったので
そこにはいっていた映画を見ました。

「花とアリス」 監督:岩井俊二 主演:鈴木杏 蒼井優



  中国でも岩井俊二は人気の監督らしいです。
  ふたりの女子高生を中心にした日々の青春系映画で
  全編を通して、ゆっくりストーリーが進んでいきます。
  桜満開のシーン、海辺のシーン、バレエのシーン。
  映像が綺麗です。



男性監督が、女子高生の心情とか女の子同士の会話・その雰囲気を
こんなに上手に撮れるなんて・・・と驚きました。
せつない感じを表すのがとても上手です。

ラストで、ふたりが好きだった先輩が花を選んだときは
今までの感情描写でその展開はありえないでしょう~!と
一瞬冷めましたが
ふたりの自然体の演技がとても良い作品だと思います。

蒼井優が本当にかわいくて、明るいんだけどちょっと影のある感じが
見ていて心地よかったです。
アリスの名前が「有栖川徹子」だったり、
文化祭での教室のシーンで、窓から鉄腕アトムの大きいバルーンが見えたり
笑いたくなる場面も満載です。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-02-12 13:52 | movie・drama

ケイゾク

ご存知の方も多いと思いますが、
中国はDVD王国です。

ハリウッド映画や韓国映画などの海賊版がとても安く買えます。
日本のドラマもしかり。
日本で買う正規の値段よりも、かなり安く手に入ります。
画像はあたりはずれがあるので、
なんとも言えないときもよくありますが・・・。

一度、休みの日に連続ドラマを見始めたら
止まらなくなって全11話を見てしまい、
気づいたら夕方だった・・・ということがあって
とかなり後悔したので、
それ以後はDVD1枚ずつ(2話分)でやめるように心がけてます。


最近見終わったDVDドラマ 「ケイゾク」。
1999年に放映されたもので
日本で見ていなかったので購入してしまいました。
西荻弓恵脚本、堤幸彦演出、
そして、中谷美紀、渡部篤郎主演という豪華キャストのドラマです。

ストーリーは、東大卒で警視庁に入った中谷美紀が
研修期間として、迷宮入りした事件の捜査(?)をする
「捜査1課2係」の配属になり、
竜雷太や渡部篤郎のいる職場で、事件を解決していくというものです。
主演二人の演技の掛け合いや、話の展開がおもしろくて
ひきこまれるように見てました。
DVDのパッケージからしても普通のドラマではない感じがしますが
かなり軽いノリだった話が、後半からどんどん重くなっていき
最後は予想もつかないラストでした。

それぞれの登場人物が過去に辛い経験を持ち、
ところどころでそれが明らかになっていき
全て見終わった後は、必ずしも楽しい気分になるドラマではありませんが
強烈な印象が残りました。

主題歌も、中谷美紀が歌ってるんですが
耳に残るかわいい曲です。

私にとっては、ショッキングな終わり方だったので、
続編もあったと知り、少しほっとしました・・・。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-01-13 22:48 | movie・drama

Take me to your heart

タイトルは最近のお気に入りの曲の名前です。

中国でも去年大ブレイクしたらしいです。
Michael Learns to RockというUKのバンドの曲です。
中国語でのカバーもあり、
香港出身の張学友(ジャッキー・チャン)が歌っています。
香港の4大天王のひとりで、歌神と謳われている人です。

中国語版の"吻别"と英語版の"Take me to your heart"、
私は英語版の方が好きです。

歌詞の一部はこんな感じ。

Hiding from the rain and snow
Trying to forget but I won’t let go
Looking at a crowded street
Listening to my own heart beat
So many people all around the world
Tell me where do I find someone like you girl

Take me to your heart take me to your soul
Give me your hand before I’m old
Show me what love is - haven’t got a clue
Show me that wonders can be true
They say nothing lasts forever
We’re only here today
Love is now or never
Bring me far away

一度聞いてみてください!
以下をクリックすると、中国のFLASH画像が流れます☆
Take me to your heart
吻别

ジェイのライブに行ってから、ますます中国語の響きが好きになりました。
[PR]
by mayu20051001 | 2005-12-18 21:23 | movie・drama

JAYライブ@体育中心

広州の体育中心で行われた
ジェイチョウのライブに行ってきました。

中国でライブに行くのは初めてだったので
どんな感じなのか楽しみに行きました。

入り口からガードマンの数がすごい。
さすがアジアのスターです。

20:00開演のところ、ほぼ時間通りに開始。
十字架につられたジェイが上から降りて、幕開けしました!
カメラを持っていかなかったのが悔やまれます・・・。

JAYが歌の途中でとても聞き取りやすい普通話や
広東語を織り交ぜて話してくれた姿も素敵・・・。
ピアノの弾き語りや、クラシック曲も弾いていて
やっぱり天才だと思いました。
顔だけを見ると、それほど美形ではないと思うのですが
全体的な雰囲気が素敵だし、かっこいいのです。

日本のライブと違う、と思ったことは
・音響・画像がイマイチ良くない
  マイクの音がときどき聞こえなかったり、
  大画面の画像がぶれたり飛んだりする
・バックダンサー
  日本の場合、数人のダンサーが踊るときは、
  動きがそろっていることが当たり前だと思っていたのだが、 
  このライブのダンサーたちは同じ動きをするところでも、ずれていた
  つまり、ずれているのがおかしくないってことですよね・・・?
・観客がうるさい
  となりに座ってた女の子が
  「我在这里ー!(私はここよー!)」とでっかい声で
  騒いでいたので、何度「うるさい!」って言おうと思ったことか・・・。
  その子は友達に電話をかけ、ステージにケイタイを向け、
  「聞こえる?聞こえる?」としきりにやっていた・・・。
・新アルバムを出したばかりなのに、その中の歌を歌わない
  最近、リリースした「11月のショパン」というアルバムの曲は全く歌わず・・・。
  ・・・なぜ?

寒空の中の野外だったので、かなり身体が冷えましたが
それでもCDよりもライブのほうがいい~!
アンコールで東風破も七里香も聴けて、かなり満足でした♪
[PR]
by mayu20051001 | 2005-12-18 02:43 | movie・drama

周杰伦が広州に来ます!

JAY NEW ALBUM 本日発売!

a0044664_23584888.jpg

周杰伦
ジェイ・チョウ
台湾の人気グループF4のひとりです。
(すみません!私の勘違いです。
2000年11月に台湾でデビューしたそうです。)

映画「イニシャルD」に出ていた主人公、といえば
イメージがわくでしょうか?

私は中国に来るまで、彼の存在を知りませんでした。

しかし、彼がソロで出したアルバムを聞いて
一気にファンになってしまいました。
バラードからラップっぽいものまで
いろいろなジャンルの曲を歌っているのですが、
歌がうまくて、ささやくような声がいいです。
特に好きな曲は、「東風破」。
耳に残る少しせつないメロディーが頭から離れません。。。

彼の名前の 「杰 jie2」は 優れた
         「伦 lun2」は 条理 という意味
名は体をあらわすな~と思いました。

そのジェイが、広州でライブをすることを昨日知りました!
チケット購入しなきゃ!!とあわてて予約方法を探しました。

広州の郵便局のHPでチケットが購入できるらしい、と知り
さっそくアクセスしてみました。
値段と、名前と、住所と、電話番号と、届けてほしい時間帯
を記入して終了。

こんなんで、ちゃんとチケット届けてくれるのかなぁ~と
半信半疑だったのですが、
今日、お届け希望時間帯に書いた時間に、
きちんと携帯に電話がかかってきて
「○○円、おつりなしで用意してくださいね~。
あと何分後に届けます~」
という丁寧な郵便局員さんの言葉!
おまけに輸送費もただでした。

広州もちゃんとサービスできる!と感動しました。
チケットが家まで届き、それが上の写真です☆

コンサートは12/17 天河の体育中心にて。

楽しみです!
[PR]
by mayu20051001 | 2005-12-05 00:03 | movie・drama