愛知県で働く会社員です。心の琴線にふれるものを紹介していきます。異文化を体験できる海外旅行や美術館も大好き。


by mayu20051001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:生活( 59 )

あやうく交通事故

広州市内で車に乗っていたときのこと。

助手席に座ってぼんやり外を見ていたら
小道から大通りに出る右折のときに、
ぼこっという嫌な音がして、車が揺れました。

何!?と思ったら、なんと私が乗っている車が
自転車に乗った中学生にぶつかって、
その子が自転車ごとよろける姿が目の端に見えました。
ショックで私は動けなかったのですが
となりにいた運転手が広東語で何か叫んでブチ切れ、
即効車を降りていき、中学生のところへ駆け寄り
文句を言っているようでした。
その子には怪我はなかったみたいですが、自転車は曲がってました。

車に戻ってきた運転手が
「あのガキがスピードを出してるから悪い」というようなことを
ぶつぶつ言ってることが許せなくて、
「曲がり角で減速しないでつっこむアンタが悪い!!」
「あの子が大怪我してたらどう責任取るの!!」
とか言いたかったのですが
私の中国語でなんとか言えたのが
「曲がり角では左右を見るべきでしょう!」
でした。悔しい。

少しタイミングが狂ってれば、
あの子はひどいことになっていたかもしれない。
それなのに、自分は全く悪くないと言い張れる神経が
信じられませんでした。

その車に乗る前、私は忘れ物を取りに戻っていました。
なくてもそんなに困るものではなかったのですが
まだ時間に間に合うから、と思って取りに帰ってから車に乗ったのです。
その直後の出来事だったので、
私が忘れ物をしなければ、気づいても取りに帰らなければ
この事故は起きなかったんだ、と思い
ささいな選択で人の運命が変わることがあることを
気づかされた出来事でした。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-04-15 23:59 | 生活

広州観光

会社のとなりの席の子が
「休みの日に広州で遊びましょう!」と誘ってくれました。

メンバーは、
シャオリー、その彼女シャオフォン、
ふたりの大学時代の友達ヤンイーピン、私の4人。
シャオリーが車で迎えに来てくれたので
中国で車でお迎えしてもらえるなんて!
とそれだけでちょっと感動してしまいました。

まず、広州駅の南方にある流花湖公園へ行き、
唐苑酒家で飲茶をしてから公園の中を散歩。
広州で一番大きい湖というだけあって、
散歩するだけで1時間半近くかかりました。

次は、越秀公園に行き、広州博物館・五羊仙庭を見学。
ここには、広州を代表する五羊石像という、
五頭の羊がからみあった大きな象があります。
広州に来たばかりの頃、散歩に来たことがあったので
私は1年ぶりでしたが、
ヤンイーピンは6年も広州に住んでて初めて来た!とのこと。
他の広州人のふたりも、五羊石像は初めて見た、と。
広州って、本当に観光名所がないんだろうなぁ・・・と改めて実感しました。

そして、夕飯を食べに上下九路へ移動。
ここも、北京路と並んで広州の商業街を代表する歩行者天国です。
ふたりが美味しいというので、
「腊肠」というソーセージのようなものを買ってみました。
会社の食堂で、野菜と一緒に炒めたものが出てきますが、
匂いにくせがあって、一口食べただけでかなりキツイ後味です。
「ここの店のものは美味しいから!ごはんと一緒に炊くだけでいいよ!」
と言われたので、一度試してみます。

しめくくりは、珠江遊覧。
この珠江、中国で長江、黄河の次に長い河だそうです。
1時間半弱の間、珠光を遊覧して夜景を楽しむのですが
他の人から聞いてた前評判に比べて、私はかなり満足!
上海の外滩(租界)のような雰囲気の
古い建物が並んだ地区があり、日本にはない風景でした。
広州市政府が力を入れているというだけあって
イルミネーションはかなりあでやかだし、今の気候もちょうど良く
天井のない最上階に椅子を持ち込んで
夜風を感じながらのナイトクルーズはなかなかのものでした。
今日カメラを持っていなかったのが悔やまれます!

かなり内容が充実していた広州の観光地めぐり。
広州のポイントはほとんど押さえていた今日のコース。
誘ってくれた友達に大感謝です。
中国の女の子の中には、初対面でも
腕を組んだり、手をつないできたりする子も多いのですが
ヤンイーピンもそうだったので、時々どきっとしながらのお散歩でした。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-04-09 01:53 | 生活

季節感

気づいたら4月になってました。
日本だと、桜が季節の変わり目を示してくれるのですが
ここ広州には、そういうものがない!

桜を見ると、別れや出会いを思い出して
切ない気分になりますよね。
ということで、背景も春らしく変えてみました☆

今の広州だと、木綿花が旬なのでしょうか?
オレンジの大ぶりの花をつけた背の高い樹がそこらじゅうに
植えてあります。
本当に花が大きくて、ジャングルの花みたいです。

でもこのオレンジ色の花を見てると、秋の始まりって気分に
なってくるんですよねぇ。。。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-04-06 00:25 | 生活

ひそかにライバル

私の週末の定番の一つがテニスです。
中国ではやらないだろうなぁ・・・と思いつつ
念のため持ってきたラケットが大活躍。
中国でもテニス人口は意外といました。
広東人のおじさん(お兄さん?)に混じって、
2時間みっちり運動しています。

が、最近あるおじさんにライバル視されていることに気づきました。

彼の名前は陳さん。
このテニス仲間のリーダーで
飲み物を買ってくれたり、コートやボールを準備してくれたり、と
いろいろ世話を焼いてくれる坊主頭・眼鏡の1児の父です。
(でも高校生に見えないこともない)

このメンバー、みんな試合好きなので、2,30分ラリーをした後、すぐに試合。
陳さんは毎回私に試合やろう!と誘ってくれるのですが、
私とペアを組もうとせず、毎回対戦相手ばっかり。

初めて参加させてもらったときも
いきなり試合を申し込まれて1球目からストレートを抜いてきた記憶が・・・。
あの時は、いきなりストレート抜くの!?と、かなりむっとしました。
最初は、日本人女性が嫌いなのかな?と思ったけど
話していると全くそうではなく、今でもよく話しかけてくれます。

陳さんは練習では上手いんですが、
試合では、勝手に打ち込んできて自らミスするタイプ。
ふと考えたら、私は陳さんには半年近く負けてないはず♪
この日も2連勝でした♪
もしかして、彼もそれを覚えているから毎週試合に誘ってくるのかも。
このままずっと負けずにいきたいです。
(こんなこと書くと来週負けそう・・・)
[PR]
by mayu20051001 | 2006-04-02 21:35 | 生活

お幸せに!

週末、日本に一時帰国してきました。

強引に休みをとった
金曜出発、月曜帰国という短い日本滞在でしたが
日本に着いたとたん、「空気が澄んでいる・・・!」ことに感動。
桜が咲いてなかったことだけが残念でしたが
天気にも恵まれ、ずっと晴れてたし、気持ち良かったです。

今回の日本行きの目的は友達の結婚式への参加。
会社の同期で一番仲の良かった子で
彼女も私も会社の寮に住んでいたので
しょっちゅうお互いの部屋に行ってまったりしたり
ご飯作って一緒に食べたり、仕事で辛いときには話を聞いてもらったり
入社以来、本当にお世話になった子でした。
土曜の夜に毛布をかぶりながらシャイニング見たり、
日曜の夕方、夕日を浴びながら昼寝したり
思い出がいっぱいです。
(20代の女の休日の過ごし方じゃない・・・)

感情豊かな子で、私の性格とは反対のところも多かったけど
一緒にいると感性を刺激されることが多くて
彼女の独特の視点で、本や映画など、世界を広げてもらいました。

結婚式・披露宴も愛情あふれるとっても良いもので
幸せそうな二人を見て、私もすごくうれしかったです。
結婚式に出るたびに、結婚っていいものだなぁ~と思ってしまいます。

a0044664_23395195.jpg
結婚式でチェロを弾くのが夢だった!という新婦が
お手前を披露。
素敵でした☆
私もいまから一芸磨こうかな・・・。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-03-28 23:44 | 生活

ついてない・・・4時間

上海出張からの帰り。
訪問した会社が嘉兴という経済開発区にあったため
杭州の空港から広州へ戻ることにしました。

空港に着いたのが、チェックイン締め切りの20分前。
よし、いい時間!と思ったそのとき、
私たちの乗る便に「DELAY」の文字が・・・。

「広州の天候が悪く、広州に入る飛行機を制限しています」
という冷たい案内が搭乗口に掲示されて
2時間たっても、遅延時間がわからぬままでした。

18時半になると食事の供給もありましたが
今まで食べた中のワースト5に入るくらい
まずいお弁当でした。。。
一緒にいた同じ会社の中国人も一口食べて弁当のふたを閉めてました。

そして4時間遅れての離陸のアナウンスが流れ
なんとか当日中に帰ってくることはできましたが
その日の予定は大崩れ。
日本帰国に向けて、ネイルサロンにも行きたかったのに!

運の悪いことに、東方航空を選んでいたので
広州到着の優先順位も低くて、
他の航空会社より遅延時間が長かったです。
広州に行くときは、地場の南方航空の便が無難かもしれません。

意外だったのは、怒り出す客が誰一人としていなかったこと。
けんか早いと思っていた中国人が、
みんなおとなしく出発の時間を待っていました。
日本で同じようなことがおこったら
従業員にかみつく人がいるような気がします。
意外と物分りがよいのかも、と思った出来事でした。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-03-23 23:45 | 生活

空の旅

ここのところ、飛行機での移動が続いています。
先月は天津、先週は西安、明日からは上海、
そして週末は日本へ行ってきます。

大学に入って旅行するようになる前は
飛行機に乗る機会はほとんどなくて
子供の頃から飛行機って特別なモノだと思っていたし、
着陸のときは落ちるんじゃないかと毎回ヒヤヒヤしていたものでした。
(これは今でも)

しかし広州に来てから、飛行機を使う頻度がどんどん増えて
なんとも感じなくなってきました。

慣れは感覚を鈍らせてしまうこわいものですね。

そして、以前は美味しくない!と思っていたはずの南方航空の機内食を
普通に食べるようになってしまった自分が恐いです。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-03-21 23:48 | 生活

3月13日

広州に来て、今日で1年がたちました。

白雲空港から広州の中心地に向かう道中、
広州駅の前の人の群がりを見てびっくりしたことや
いやにピンクの建物が多いなぁと思ったことが
つい最近のことに思えます。

就職して以来、更新されていなかった友達の輪が
広州に来て久しぶりに広がって、
仕事・プライベートとも、いろいろな人に出会えて
刺激を受けつつ、楽しく生活をすることができました。

環境が変わって、最初は少し辛いこともありましたが
新しい世界が広がったような気がします。

というわけで、広州での生活も2年目に突入ですが
日々の時間を大切に、一期一会を大切に
楽しく過ごしていきたいと思います。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-03-13 23:07 | 生活

3月13日

広州に来て、今日で1年がたちました。

白雲空港から広州の中心地に向かう道中、
広州駅の前の人の群がりを見てびっくりしたことや
いやにピンクの建物が多いなぁと思ったことが
つい最近のことに思えます。

就職して以来、更新されていなかった友達の輪が
広州に来て久しぶりに広がって、
仕事・プライベートとも、いろいろな人に出会えて
刺激を受けつつ、楽しく生活をすることができました。

環境が変わって、最初は少し辛いこともありましたが
新しい世界が広がったような気がします。

というわけで、広州での生活も2年目に突入ですが
日々の時間を大切に、一期一会を大切に
楽しく過ごしていきたいと思います。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-03-13 22:56 | 生活

語学学習の必需品?

中国に来てもうすぐ1年になります。
1年いる割には、中国語が話せるようにならないので
モチベーションをあげようと 
次回のHSKを受けることにしました。

HSKとは、<Hanyu Shuiping Kaoshi>(汉语水平考试)の略。
中国語の認定試験です。
世界的に行われている試験で、成績によって級を取得することができます。

勉強しなきゃ~、と思いつつテキストだけ買ったものの
やはり開かないまま3ヶ月・・・。
このままじゃいけない、と会社のスタッフに
「来月、中国語の試験受けるんだ~」と話したところ、
会社で一番仲の良い通訳の子が
「試験の前にたくさん勉強しておいたほうがいいですよ!」
とヒアリングのテキストとテープを買ってきてくれました。

テープを聞く機械を持っていなかったので、近くのスーパーへ。
10種類以上あったけど、違いがわからないので
とりあえず、安いものをセレクト。
LIXINという聞いたことのないメーカーのもので78元でした。
a0044664_16425953.jpg

買ったその場で、店員さんが壊れてないかひとつずつチェックしてくれました。
すると早速イヤホンの音が聞こえず、即交換。
物を買ったらその場でチェックが必要な中国での買い物。。。

ちょっと大きいので持ち運びには不便ですが、
イヤホンなしでも聞くこともできるし、スピーカーもリモコンもついているし
再生速度も変えられるし、機能はなかなか良いです。

a0044664_16512037.jpg
これは、テープレコーダーの箱の印刷です。
女の子の説明文には
「韓国明星(スター)」と書いてありましたが
どう見ても松浦亜矢!

写真だとぼけていてわかりにくいので
機会があれば、
電気屋でぜひ見てほしいです。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-03-11 17:04 | 生活