愛知県で働く会社員です。心の琴線にふれるものを紹介していきます。異文化を体験できる海外旅行や美術館も大好き。


by mayu20051001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:中国国内旅行( 17 )

アオイシマへ②

青島の続き。

青島は、ドイツの占領地だったこともあり
ヨーロッパ風の街並みとビールが有名です。

唯一訪れた観光スポット。

a0044664_0203855.jpg基督大聖堂。
青島で最も古い教会で
壁の3つの側面に時計が
ついています。










a0044664_0225835.jpg
時計を動かしてる
大きな自動のねじ。
毎日油をさした跡があり、
きちんと手入れされてました。
長いこと眺めてたけど
構造がよくわからなかった。











a0044664_0245139.jpg
教会の中の礼拝堂。
キリスト復活も、
漢字で書かれると
雰囲気が違う・・・。









坂の多い街で
ちょっと歩いただけですぐ疲れてしまいました。
日本を思い出すような
久々に気持ちの良いお散歩でした。
広州では空気が汚いし、最近暑くなってきたし
散歩する気になれないもんなー。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-06-28 00:32 | 中国国内旅行

アオイシマへ①

モンゴルで友達になっためぐちゃんに会いに
チンタオに行ってきました。

広州から飛行機で3時間。
北京や天津に行くのと同じくらいの距離です。

青島の印象は、
空気がきれい。涼しい。爽やか。

■旅の目的のひとつ。
チンタオで青島ビールを飲む。

a0044664_23565039.jpg青島の啤酒街(ビール通り)
では
オープンカフェのように、
ビールを飲める店が
連なってます。

生ビールを注文すると、
銀色の樽?から
ジョッキにビールを注ぎ
出してくれます。
青島黒ビールが
品切れだったのが残念!


a0044664_063591.jpg
チンタオのとある住宅街。
中国じゃないみたい。
















a0044664_082957.jpgめぐちゃん行きつけの
お茶屋さん。
日本語の上手な
美しいお姉さんが
切り盛りしてます。
青島名物のラオシャン緑茶、
プーアル茶、鉄観音茶、
人参烏龍茶・・・、
これでもか!というくらい、
たくさん飲ませてくれました。
2時間くらいお茶を飲みながら
しゃべってたかも。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-06-28 00:17 | 中国国内旅行

中国で最大の滝

広州から1時間で行ける場所に
「中国で落差最大の滝」があるらしいよ、と誘われ
中国最大の言葉に惹かれて、ふらふらと行ってきました。

広州から車で2時間の増城市にある
白水仙爆景区にある白水仙寨という滝です。

a0044664_03266.jpg



当初の予定では
「9時半に広州を出発して昼過ぎには帰ってくるだろう」
と言ってましたが、
誰も正確な距離・行きかた・時間も知らず、
現地に到着したのは、12時半。
中国人ドライバーが途中で
「初めてのところに行くんなら、
一人くらい道のわかるやつを連れて来い!」
と逆ギレしてました。

着いてみたら、なんと、
「9999段の石段、全長6.6キロ」の登山コース・・・。
メンバーみんな体育会系だったため、
とりあえず、山の中腹のつり橋までは登ろう、ということで
登り始めました。

登れど登れど、目的地は見えず、
登り始めて2時間後、
上の写真のてっぺんの山小屋みたいなところまで
到着しました。
山登りはマラソンと一緒で、辛くてももう少し、もう少し、と
進んでいると引き返せなくなってしまうものです。
勢いよく流れる滝のそばは、強い風が吹き、肌寒いほどでした。
広州と違って空気も良いし、
晴れの日だったので、眺めは最高!
それでも登ったのは3699段。
先はまだまだ長かったみたいです。

この日20人くらいで行き、
途中でリタイヤする人もいたのですが、
サンダルをはいてきた中国人の女の子が
最後まで一緒に登りきったことに感動。
けろっとしてました。すごい体力です。
私は5日経った今でも、ふくらはぎが痛みます。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-05-19 00:28 | 中国国内旅行

ペー族

a0044664_16113519.jpg

雲南省の大理に行ったときに
たくさん見かけたのが少数民族のペー族。

人口約160万人のうち80%が大理に居住しているようです。

喜州という古い街並みが残るところへ行ったとき、
タクシーのおじちゃんが、ペー族の芸術館みたいなところへ
連れて行ってくれ、見学しました。

 「入場料が50元します。
  高いと思うかもしれませんが
  ペー族の伝統の三道茶と民族舞踊が見られます。
  ハオマ?(=いいですか?)」
入り口に立っていた、ペー族の女の子が
わざわざこう聞いてくれました。

この子がとってもかわいくて、
この芸術館に展示してあった
大理の名産藍の絞り染めの説明や、
ペー族の新婚家庭の部屋の様子を
筆談も交えながら一生懸命説明してくれました。

中国語って、こんなにかわいいんだ!と思ったのは久しぶり。
都市の人々は、みなしゃべるのは早いし、すぐどなるし、
中国語が世界で一番綺麗な言葉って言ったのは誰!?
(濁音がないかららしいです)と思うことが多いです。
彼女の言葉も訛ってはいましたが、久しぶりに心地良い響きでした。

ペー族の少女がかぶっている帽子にもちゃんと意味があって
彼らが大事にしている 雪 風 花 月を表しているのです。
・帽子の上の白い部分が雪
・白いヒモが風
・帽子の赤い部分が花
・帽子全体が月

帽子ひとつに、こんなに意味がこめられているなんて
おもしろいです。

そして、ペー族の民族舞踊を見ました。
衣装が綺麗!
a0044664_16341022.jpg


ここのトイレが横向きニーハオトイレで、
学生のときに北京で見たとき以来、
10年ぶりくらいの対面だったので、しばしショックを受けました。。。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-03-05 16:43 | 中国国内旅行

古き良き中国

週末、雲南省の大理に行ってきました。
広州から昆明経由で2時間+50分。

大理は、大理石の原産地とも言われ、
フビライハーンに滅ぼされるまで、雲南地方の都だったところです。

ちょうど春に入る時期だったので
きれいに菜の花が咲いていました!

a0044664_08970.jpg










大理の空港から街へ移動するときに乗ったタクシーのおじさんが
「1日観光のドライバーやるよ。」と言ってくれたので
結局2日間お世話になり、いろいろ連れて行ってもらいました。
本当に優しくて人の良いおじさんで、
どんなに長いこと待っててもらっても文句ひとつ言わず、
ごはんもおごるよ!と言ってもガンとして聞かず、
時間が遅くなることも気にせずにつきあってくれました。
麗江も良かったし、雲南省の印象がまた上がりました。

a0044664_012483.jpg

古い町並みが残る喜州。
改修され新しくなる建物も
だんだん出てきているそうです。








そんな楽しかった大理旅行でしたが、
広州の空港からタクシーに乗るときにハプニングが!
ひとりのときはバスで帰るし、タクシーに乗るときは頼もしい友達と一緒なので
今まであまり困ることはなかったのですが
今回は、数台とも「メーター倒さないから。120元なら乗せてやる」
と強気な態度で出る、ぼったくりの姿勢。

メーター倒してよ!とお願いしているところに
ちょうど警察の人がいたので、試しに告げ口してみると、
なんとタクシーの運転手をおどし交渉し始め、
メーターで行ってもらえるようにしてくれました。

広州の大通りにも警察官がたくさん立っていますが、
見てみぬふりするんだろうなぁと思っていたので
助けてもらえるとは思いませんでした。
外国人に広州のイメージを悪く与えないよう、
お役所も考えているのかもしれません。
[PR]
by mayu20051001 | 2006-02-28 00:28 | 中国国内旅行

麗江週末旅行

先週末、雲南省の麗江へ行ってきました。
金曜日の夜出発のいそがしい2泊3日の旅でしたが
広州ではめったにお目にかかれない青空や
綺麗な空気を久しぶりに味わえて楽しかったです。

a0044664_0265295.jpg
a0044664_0273697.jpg

90年代後半に地震があって、修築をしたらしく
どことなく「作られた古い町並み」感は
否めませんでしたが
ゆっくりぶらぶらできる所でした。




時間がなくて、麗江古城をゆっくり見ることが
できませんでしたが、
迷路みたいに小道がたくさんあるので
ひとつづつ見ていったら楽しいと思います。

人々もゆっくりしていて温かかったし。
観光地らしく、街中のカフェも充実!

ちょうど中国で公開が始まった
チャン・イーモウ監督、高倉健主演の「千里走単騎」の舞台が麗江です。
街のいたるところに映画のポスターが貼ってありました。
[PR]
by mayu20051001 | 2005-12-29 00:37 | 中国国内旅行

さてどこでしょう?

a0044664_0455849.jpg
先週末、旅行に行ってきました。

続きはまた明日・・・。
[PR]
by mayu20051001 | 2005-12-27 00:47 | 中国国内旅行