愛知県で働く会社員です。心の琴線にふれるものを紹介していきます。異文化を体験できる海外旅行や美術館も大好き。


by mayu20051001
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

冬の桂林地方

年末は桂林~陽朔~興坪に行ってきました。
桂林は、言わずと知れた水墨画の風景で有名な観光地。
(でも、中国人からすると
 なんで日本では桂林がそんなに有名なの?って感じらしい)
おととしの夏に一度河下りをしましたが
中国のお金の絵にも選ばれるだけあって
ものすごくいい雰囲気だったので
もう一度行きたいなぁと思っていたのです。

日本で有名なのは「桂林」ですが
桂林市内では、あまり綺麗な景色を見られません。
なので目的地は、河下りの終点の陽朔。
今回は桂林~バスで陽朔→興坪と移動し、興坪で河下り(上り?)をしてきました。

a0044664_983090.jpg
左側に見える
竹のいかだに乗って
河下りができます。
料金・時間は交渉で。








興坪には、ゲストハウスを経営してらっしゃる日本人の方が
いらっしゃるので、そこに宿泊。
「老寨山旅館」→http://www.kakura.jp/xp/
ここのオーナーの林さんは
老寨山というゲストハウスの横の山を
半年かけて一般人が登れるように道を作られた
すごい方なのです!
私たちが行ったときは、すでに3ヶ月宿泊中で
興坪の景色が大好き、という方もいました。
街のみんなが、林さんのことを
「あの人はいい人だよ~」とほめてました。
中国人の奥様と3歳になるかわいい息子さんもいます。

a0044664_9102415.jpg
興坪のメインロード。
この右側のコブが
老寨山の頂上です。
30分くらいの登り。








a0044664_9104028.jpg

頂上まであと一息の地点。
こんなはしごが3つあって、これを運んだ
人たちってすごいな~と思いました。












興坪に1泊して、陽朔へ移動しました。
陽朔は「バックパッカーの聖地」らしく、
安宿・美味しい洋食カフェがたくさんあります!
チェンマイにせよ、ルアンプラバーンにせよ
欧米人がたくさん旅行に来るところは
どこも旅行しやすくなるんだよなぁ・・・。
陽朔は郊外の景色が壮大なので
自転車を借りて1日サイクリングしてました。

a0044664_9133094.jpg
陽朔のカフェの壁画。
おしゃれー。
カフェがたくさんあるので
中国が初めてでも
食事に困らないはず。








a0044664_9134240.jpg
サイクリング途中の景色。
陽朔の中心地を離れると
とたんに素朴な風景になります。








陽朔・興坪どちらもおススメです!
2月からは雨季になるみたいです。
ベストシーズンはやっぱり秋でしょう。
また行きたい場所です。
[PR]
by mayu20051001 | 2007-01-13 01:04 | 中国国内旅行